忍者ブログ

ユートピア建設

こんにちは。ゆるいです。
先方からもご了承を得ましたので、フライング気味にご報告です。

7月末に旗揚げ公演となります、劇団ナナカマドさんの、「放課後のユートピア」というお芝居の作中に出てくる、ゲームアプリのイメージイラストを五十嵐が担当しました。

とにかく建物を描く事が不得意な五十嵐。
この人、感じで描くので、ちゃんとしたパースが取れないんです。背景としては致命的です。

お題は
「空に浮かんでいる、文明がある、緑が多い、お話とリンクするような象徴的な建物」
でした。

お話も事前に読ませていただいていたので、
まずは「ラピュタ」、「クロノトリガー」で絵の世界観を探る。
具体的に「外国、城」で資料集め。
イメージに近かったカルカソンヌをベースに、街並みやイメージ資料をいくつか揃えて、アレコレと配置したラフを制作

アタリをつけて

この勢いでいけるかな?と水彩紙に塗りだしたものの案の定しくじり、あ、これ、自分で細部わかってないと、描けないや。という現実に直面。
苦手意識がある割には、浅はかですね。
もう失敗できない締切的に…と、気持ちを新たに下絵をさらい直し、

それをカーボン紙で薄く水彩紙にトレース。
色を重ねていくと、線がわからなくなってしまうので、下絵のコピーを見て確認しながら着色。
慎重に筆を運んだ結果、このようになりました。

これを描いていて、背景を描いている人や建築家さんは、本当にすごいな…と、思ったそうです。
色もテクニックも、そもそものパースも、全然まだまだ未熟ですが、
今の五十嵐には精一杯のチャレンジでした。五十嵐、おつかれさまでした。
たくさん課題ができて、よかったね!

渡した絵は、ゲーム内キャラクターデザイン担当の方と主宰の上村さんが、これから本番用に映像におこして下さるそうです。
劇中にどう投影されるか、出来上がりが楽しみですね。


劇団ナナカマド  HP
g-7kamado.com

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

管理人
ゆるいくん
趣味
土いじり
自己紹介
五十嵐沙紀と吉岡歩の、ゆるいデザインユニットの活動をご紹介します。

今後の活動

QooSue×ゆるるか コラボイベント


『(タイトル未定)』
2017年4月23日(日)
於:飯能 AKAI FACTORY
http://akaifactory.wixsite.com/akaifactory
詳細はここをクリック

イラスト

ハンドメイド

お仕事

からふるのフライヤーとか

からふるのパンフ

イベント

忍者カウンター