忍者ブログ

五十嵐の絵、海外へ飛ぶの巻

梅雨明けて、一気に暑くなりましたね。みなさまご無事でしょうか。ゆるいです。

五十嵐が参加中のsmalls が、折り返し今週末までとなりました。


展示作品は期間中ギャラリーイロさまのネットショップhttps://1-6.stores.jp/でのお取り扱いもございますが、
手に取りやすいサイズに価格と、素敵な作品が目白押しですので、この機会に現物をご覧いただけましたら幸いです。

さて本日は、予想外の展開を迎えたお知らせをひとつ。
五十嵐の絵が海外に飛びます。
正確には、東京での展示以降、海外に飛びます。

事の起こりはZEN展期間中でしたでしょうか。
五十嵐のInstagramに、英文でコメントとダイレクトメールが届きました。
世界中で若手アーティストの作品(原画のみ)を、手に取りやすい価格で展示、販売している、という団体から、8月の東京での展示に参加しないか?とお誘いをいただいたのです。
預けた作品は希望すれば返却も可能らしいですが、そうでなければ団体が作品を保管して、そういった展示会の度に各地で販売してくださるそうです。
0-0LA

五十嵐は日本語も危ういので、英語ができるわけもなく、友人とグーグルの翻訳機能を駆使して連絡を重ね、参加してみることに。

詳細がコチラ↓

【Got It For Cheap Tokyo】
2019年8月10日(土)-11日(日)

【場所】アニエス・ベー青山店 B1F ギャラリースペースhttp://www.agnesbgalerieboutique.jp/sp/
【時間】11:00〜20:00

A4サイズまでの作品のみ、一律$30(¥3193)で販売されるそうです。

曲がりなりにも、オーダーイラストの料金設定やminneで販売中の作品、今出しているF0作品は5000円と価格を設定している為、
この価格で原画を販売する事に頭を悩ませていましたが、
またとない機会ということもあり、過去作から数点で参加しようと決め、
吉岡にも相談を持ちかけたところ「嫌がるかもしれないが…」と提案されたのが

5、6年は前でしょうか。からふるの公演でライブペイントしたものに加筆した、大きなキャンバス絵をA4サイズに切り出す。というものでした。

長く吉岡家に飾られていたので、その発想がなく驚いた様子の五十嵐でしたが、いいかもしれない!と裁断式を行ったようです。


そうして切り取られたこれらと、五十嵐の過去作原画を数点、販売いたします。
なぜ五十嵐に声をかけて下さったのか、同様の日本人参加者はいるのか、本当に開催されるのか など、
半信半疑ながらメールの返信の素早さと、
ギャラリーへも確認が取れましたので上記日程で開催される事はどうやら間違いないようです。

参加すると決めたからには、作品達を送り出す準備に取り掛かっております。
どちらかの日程では、五十嵐も現場に足を運んでみるようです。
ご興味ございましたら、この機会に是非お手に取ってご覧下さい。

また作品がまとまりましたら、こちらにも記載してゆきますね。
どうぞよろしくお願い致します。

ゆるい
PR

いのちのうろこ

こんにちは。ゆるいです。
今年は梅雨らしい梅雨ですね。早くからりと晴れてほしいものです。

前回お知らせしたZEN展も折り返し、残すところあと2日間となりました。
先日、吉岡と五十嵐が伺ったようですが、400点を超える多種多様な作品に、この見応えが入場無料とわ…!と面食らっておりました。

五十嵐が今回出展いたしました「いのちのうろこ」/「夜の目」2作ですが、わたくしめの活動報告が止まっていた2017年12月に発売された、
お馴染みプログレッシブ室内楽団QooSueの活動10周年を記念する2枚組アルバムのアートワークとして制作させていただいた絵になります。



発売から1年が過ぎてはおりますが、この機会に遡ってご紹介させていただきます。

QooSueとはもう長いお付き合いで、CDデザインでは常に関わらせていただいておりましたが、10周年を記念するアルバムという事で、それはそれは絵にも気合いが入りました。
アレコレとひろしくんとお話して、着地したイメージが「表裏一体、循環」。
QooSueとゆうか、ひろしくんからイメージされるものは自然…といいますか、森羅万象とでもいいましょうか、とにかくスケールの大きな、いのちそのものを深く考えている.というところで、
タイプは全然ほんとに全く違うのですが、五十嵐にも通じるところがあるんですよね。
なので基本的に絵を任せて下さるのではないかと思います。

北海道の青い池から着想を得て、長野の御射鹿池をモチーフに、水鏡に映る世界と、現実の世界で表裏一体を、
いのちの象徴として光の玉と、対峙する森のいきもの(通称:もりお)が生まれました。
コンセプトはズレていないものの、キャラクターが生まれたのは予想外でしたがゴーサインをいただき、
クレジット用の見開き絵を描く際にずいぶんイメージに悩み、吉岡に「物語をくれないか」と五十嵐が相談したところ、翌日に短いお話を仕上げてよこし、DISC2に収録されている「Garuda」をリピートしてスルッと生まれた絵が「夜の目」です。

盤面は月をミリペンで描いたものを使用


盤面の背にくる中地には、いのちのうろこをイメージした抽象画に10周年ロゴを入れた仕様になりました。

こちらは現在もQooSueのライブや、BASEでもご購入いただけます。
また、当時吉岡が書いたこの物語をいつか形にしたいと思っていた五十嵐が、ようやく制作にとりかかり、noteで無料公開をはじめました。
絵が追いついていないようで、不定期な更新にはなりそうですが、こちらも覗いてみていただけると幸いです。

長文のご紹介、失礼致しました。
季節の変わり目、お体にはくれぐれもご自愛ください。

ゆるい

LINEスタンプ通りました!!

やったーー!

1度目を16個で申請出してリジェクトくらった時の理由が曖昧で、どういう事かと調べてみたら、
オリジナルかを疑われてるらしく、
自分が描いているキャラクターだと証明できる場があると対策になる と知り、
それならばとブログに載せ、申請にURLも貼り、数も40個で改めて申請を出したのですが、結果2度目のリジェクトをくらいまして。

くじけそうでしたが、うっすらと
ボブ太郎がまっ裸に布切れだけなのがいけないのでは…と、
薄々思ってはいたのです。

丸出しの尻は捨てがたかったのですが、
パンツ履かせてまた申請出したら、
通りましたーーーー!。゚(゚´ω`゚)゚。
やっぱり尻丸出しはいけなかったのかあーー!。゚(゚´ω`゚)゚。

3度目の正直となりました、
ボブ太郎とゆかいな仲間たち。どうぞよろしくお願い致します(*´◒`*)

↓LINE STORE↓
【ボブからうまれたボブ太郎】
https://line.me/S/sticker/4056253




お久しぶりの五十嵐です。

おはようございます。
一人暮らしになって初めての夏に早くもヤラレ気味です。(暑いの苦手/古い家だから虫めっちゃ出る/体がかゆい)

7月は長野での展示に一作参加させていただいていますが、
ずっと作ってみたかったLINEスタンプをコソコソ描いたりしていました。

かれこれ6年前くらいに、高円寺でベーシスト金井くんとの落書き時間より生まれ出でしボブ太郎。設定とキャラ数が謎にガッチリしてるボブ太郎ですよ‼︎(知らんがな)

いつか作りたいと、ネタだけは書き溜めていたのです。

相変わらずパソコン持ってないのですが、アイビスペイント様様のアプリのおかげで、背景透過もやり方がわかったし、
御誂え向きにLINEスタンプ用のサイズも選択できて、ありがたく使わせてもらってます。

携帯画面に指で直描きも相変わらずですが( ˙-˙ )

しかし今回、LINEスタンプの申請試してみて、(一度16個で申請かけてみて、リジェクトくらいましたが、再度40個で申請中。)

やっぱりパソコン買おうと改めて思いましたね…理由はそれだけじゃないにしろ、
わたしちゃんと勉強しなくてわ。

絵を描いていくことをちゃんと考えたら、必要なこともやっとスッキリわかってきて、
まずとにかく全部やってみます。
最近はほんと、絵が描きたいし、描いてて楽しい。
色々ふっきれた感あるな。うれしい。

来月には吉岡が子を生みます。生活は離れてしまったけど、がんばれがんばれ。
またお知らせできるように、五十嵐もじわりじわりがんばりますっ


夏通り越してもはや秋。

なんだか、いつの間にか9月に突入していて、今年も終わりか、と月日の早さに震えるイガラシです。こんばんわ。
村長が記事を上げてくれてますが、個人的にもゆるゆるぽつぽつ描いた絵の記録など。

【5月】地元新潟産の有機栽培、なたね油のラベルイラスト

毎年参加している3月の酒の陣で、わたしが絵を描いている事をはじめて知った農家の同級生が、和紙に描いた花の絵を気に入ってくれて、ご縁つながったもの。
アカファクの入居クリエイター、和紙作家 加茂さんの和紙に、水彩絵の具で描かせていただきました。
加茂さんの和紙に惚れ込んでるので、その和紙に描いたものがこういう形になってうれしい!※ラベルはシールになってるプリント用のもの

デザインは、地元が新潟で、都内でアートディレクターをされている松田さんが手がけて下さった。
貴重な経験させていただきました!ありがとうございました!(´;ω;`)
8月中旬から生協などで買えるそう…でしたが、お盆帰省したら生産間に合ってないみたいでした。ぷぷ。
気長に楽しみにしています。

【6月】田尻(桃尻)大喜くんのCD 販促用イラスト

アルバムのイメージイラストは、収録曲『ツキノミタマ』に引っ張られた感。
イガラシうまいこと言えないですが、よいアルバムです。たくさんの方に聞いてほしいっす。
いろんな景色が浮かぶような優しくて力強い素敵なアルバムです。
 もういっこ。
熊本出身のたいきくんが、震災後に取り組んでいるCDの販促用ポップも。
チャリティーコンサートなども精力的に取り組んでおられる。素晴らしい活動。
はからずも醸し出た謎のプレモル感…( ˙-˙ )ナゼダ…?


【7月】友人に頼まれた、小説のキャラデザなど。

マンガ絵久しぶりでした。
主に女子絵ばかり描いてきたので、男描くのが極端にた不慣れですが、
最近マンガ描きたい欲がフツフツしてたので描けてよかった!
原稿用紙に鉛筆と水彩絵の具で。(つけペン下手くそすぎて心折れた)
三体ともバラで描いたので、サイズ感がばらけた…のを、スキャンして調整した( ˙-˙ )スマネ
こちらもその内どこぞで読めるの…かな…
なんか、いちいち情報がフワッフワしていて、すいません。


そんなこんなで、なんだかありがたくも、日々(時にぐうたらしながら)描いております。
まだまだ、やってみたいこと山積みです。

今とっかかってるやつも、時期をみてポツポツ上げてゆきます٩( 'ω' )وほんなら!

プロフィール

管理人
ゆるいくん
趣味
土いじり
自己紹介
五十嵐沙紀と吉岡歩の、ゆるいデザインユニットの活動をご紹介します。

今後の活動

ゆるるか


『東京マトリョーシカ』
2018年5月18日(金)〜20日(日)
会場:RAFT

詳細はここをクリック

イラスト

ハンドメイド

お仕事

からふるのフライヤーとか

からふるのパンフ

イベント